スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自炊

 夜携帯が鳴って

『親子丼作ってるんだけど、醤油、みりん、砂糖少しと粉末だし、何が足りない??』と

自炊頑張っているともちゃんからメールが…

 母   『水じゃない??』

ともちゃん『おおー入れるの忘れた!!』


 一つ一つ、とても簡単な事だけどしてみないと分からない事

教えてない事ってあるんだなあ


 丼物は友達にも好評らしく、よく作るらしい

お米を使った料理も感動されるとの事


 『この前はね、ご飯炊いて韓国海苔で食べたらすごい喜んでくれたよ』

いいなあ、簡単しかも喜んでもらえて…


 
スポンサーサイト

ともちゃん大学へ

 一夏中家にいてくれたともちゃんも3年目を迎えるべく大学に戻って行きました

アパート住まいのともちゃんは今年も自炊するらしく

 私が仕込める食材を大量車に詰め込んで持って行きました


 ルームメイト3人が大学をトランスファーした為、新しい友達との生活が始まるそう


大きな体で厳つい顔なのに、家族の中で一番心根が優しいともちゃん 

家にいてくれると何をする訳でもないけれどほっとするムスコ殿です


 次会えるのは11月


一人送り出し、また一人戻り、そして送り出す


この家は波止場のよう。。。。

 でも、早くに両親のいない私はふと思います

帰る場所、羽を伸ばせる場所が場所がある事の大切さを


 今年一年も、いい大学生活が送れますようにと

そっと背中を押し送り出しました。。。。

大きなベイビーともちゃん

大学の寮に入り、親元を離れ一人暮らし(友達はいるけれど…)
を始めて2週間

 『今度くる時水着持ってきて…』『あ!フリスビーも…』など
しょっちゅうメールが来る

 今日は遂に『食料品も…レンジで作れるもの、あと朝ご飯になるものも欲しい…』
5人の中で一番、食に関してはパパ似のともちゃん
家ご飯が大好きで、何も注文せずとも座れば大好きな物が出てくる食事が
何よりも頑張るエネルギーとなる

 わかってはいたけれど1ヶ月くらいは連絡なく頑張るかなあと思っていたのに
なんと2週間だった…
同じ親から生まれても、一人として同じキャラクターがいない我が子

 さとちゃんは去年からキッチンのある所を借りて友人と交代で私が食した事がないような
ジャンルの食事作りまでする程。たまに頼まれるのは日本の調味料くらい。
 みきちゃんはこの夏2ヶ月いなかったけれど、一度だけ会いに行った時に
『フルーツ買ってくれる??』と大量の果物を買ってあげたけど。

 マー君→ともちゃん→みきちゃん→ゆみちゃん→さとちゃん
この順に私の手元から離れると気になる子の順

今月16日から18日オープンハウスなる親が子供達に会いに行ける週が設けられている
もう何度、メールで『オープンハウスの時に○○持ってきて!』が来たことか
見た目はゴリラみたいに大きくて顔つきも強面タイプのともちゃん
心はゾウさんのように優しくて、家族大好きのともちゃん

今までは何で大学なのにオープンハウス??と思っていたけれど
アメリカは親子関係が高校までとても密接で、ホームシックになる子供為に
ちょうど一ヶ月を目処に親が会いにいけるよう日程を設けてくれている

大変だけど、がんばってほしいなあ
母はこれから定期的にムスコに食材を送ります
お弁当送れないかなあ。

でも作らないで食べられる物…
んー難しい。

心の声

 6月後半から始まった夏休み、ゆみちゃんが
『今年はママと一緒にいてあげる、ママキャンプね』と愛おしいことを言ってくれ
ゆみちゃんスケジュールに合わせのんびり毎日を送っています
 とはいえ日常の家事育児が減る訳でもなく、ゆったりのんびりしていると
自分で言い続けていると日常の雑多もさほどストレスにはならず
どっしりかまえている私です

 そんな私に、9時5時でスーツを着て革靴を履きサラリーマンのように
バイトを始めたともちゃんが辛辣な一言…

  『ママは毎日暇そうだね…』
 
んんんん?????なんですと???

んーこれは外で働く主人の心の声なのかなあと感じてしまいました

以前は、そんな言葉や態度に腹を立て
 『私だって苦労してるし、暇な訳ではない!!!!!』と
いきり立った事もあったなあ

今では家事育児に専念し家にいることが出来、時間の制約はあるものの
したい事も少しは出来るようになったし、まあ言われても『ムッ!』と
する程度に留めております

でも外で働く世の方々、少しは察してくださいね
365日24時間、年中無休で働き、しかも無給、
出来て当たり前、感謝に言葉もなく昇進もボーナスもなく家族のケアをする事が
どんなに大変か…
 社会に出て働く事と同じくらい家を守り家族を気遣うことも
苦労も葛藤も、喜びも悲しみもあるのだという事を。

ともちゃんよ。
どうか、父親と同じパーソナリテイになって下さるな
と心で囁きます

でも年を取って自分が一回り大きくなったなあと感じます

ともちゃんに一言
 『まあね、それが専業主婦の醍醐味だからね…
   じゃないと、毎日笑顔でいつ帰るか分からない家族の食事作りなぞ
    出来ないのよ。分かる???ふふふ』

 世の専業主婦の皆さん
強く逞しく生きましょう!!!!
 

インターンシップ

 今日から一ヶ月ともちゃんのインターンシップが始まります
卒業に必要な単位を終らせた子供達が社会に出て無給で仕事の手伝いをします
小学校の先生のアシスト、銀行、ベーカリー、病院などなど

卒業式は来月の24日
でも実質は高校生活は終了です

今朝はYシャツにスラックス、革靴という出で立ちで出かけたともちゃん
また一人、我が家から子供が巣立とうとしています

自分が社会人になった時、母はこんな気持ちで私を送り出してくれたのだなあと
感謝せずにはいられません

 大親友のCさんがそっと囁いてくれます

 『全てがお勉強だよね、喜びも苦しみも悲しみも
               この世に生まれてきた学びなのだと…』

ちょっぴりやんちゃで頑張り屋さんで、しっかりしているようで
ボーとしている所のあるともちゃん

世の中、いい人ばかり幸せな事ばかりでないけれど
がんばれ!!と後ろ姿を見送ります

手元から手放す寂しさと飛び立ってくれる事への喜びと
相反する感情を噛み締めつつ…


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。