スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れの日

 友人の大切な猫ちゃんが昨日天国へ…

独身の友人にとっては我が子と同じくらい大切だった家族


 どちらかと言えば愛情のある方だと思っていた自分も犬を飼うまで

こんなにペットが大切な家族になるなんて想像もつかなった。


 泣きながら電話をかけてきて…


大切な人、ペット…愛する者を天国に送り出す事は凡人には容易ではなくて

悟りを開いた人でもきっと、大きな業の一つだと思う


 
 マーくんが天国に逝った時、近所のインド人の友人であるおばあさまが

私を抱きしめながらこう言ってくれた


 『あなたが泣いてばかりだとマーくんがあなたを心配して

   安心して天国に飛び立てないわ、さあ、彼は自由にしてあげましょう

     悲しいけれど、泣かないで…』と


 泣く事は自分の為なのだと気づかされたよな気がしました

もしかしたら、まだ見ぬすばらしい新しい世界があるかもしれない


 
 私達の知らない所で、私達の大切な人やペット達が笑顔で暮らす場所がある

そう思うと、ほんの少し悲しい気持ちも和らぐような気がします


 天国で、私の大切な人達と友人の猫ちゃんが出会って穏やかに一緒にいると

いいなあ。


 もう会えなくて、抱きしめられなくて辛くて悲しいけれど

きっとこれからもずっとあなたの家族になれて猫ちゃんは幸せよ

 元気を出して…いつかきっとまた会えると信じて。


 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。