スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の人生の選択

 自分の人生の選択を知らず知らずにしてきた私と主人

仕事も、結婚も、子供を育てる事も、アメリカに住む事も。。。。


 他人の責任にせず、自分が決めた事だからどんなに辛くともガンバるしかない


 親も健在で、何不自由無く、育ってきた我が子供達

彼らにとっての大きな挫折や困難に打ち当たった時、乗り越える事が

どんなに大変か目の当たりにしています


 自分も、きっとあったであろう人生の転機

頼れる親ももう他界し、自分の事で一杯であっただろう主人のあまり頼りにはならず

主人も私も、若くして結婚した事もあり、お互いが自分の役割分担の場を必死に

生き抜いてきて、、つくづく子供達を見ていて思うのは

 人は頼れる人間がいればいるほど弱くなるのだなあと。



 歯を食いしばって、頑張るしかない時もあるのになああ。


 主人がふという。。。


 『甘いんだよなあ』

 
 そうだなあ、と共感しつつ、でも若い頃の自分に必要だった手助けと思いやりを

そう言われても与えてあげたい母心


 家や家族、親ってその為にあるのよねえ。


 何をしててもいい。本人がどんなに大変でも笑顔で頑張れる居場所を見つけて欲しい


子供達が社会人に近づけば近づくほど、困難や苦労が増えていく世の中


 頑張れ!!と母は愛情と出来る限りのサポートをしております。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。