スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助け合う大切さ

  ふと思う。異国の地で何故、幸せだと思える子育てをすることが出来ているのだろうか。


一昨日の話。

 お隣さんから、電話が。。。。


 『カレーライス作ってるんだけど、ルーがないの。家にストックある??』

大笑いしながら、味噌醤油、カレールーまで貸し借り出来る仲。


 実は隣近所、かなり大きな町に日本人家族は数えるほどしか住んでいない

年に一度会うくらいで、近所ではまず日本語を使うのは家族くらい


 でも、昔ながらのご近所付き合いがある。

お隣さんはイタリア人とユダヤ人の家族

 2年くらい前に、炊飯器を購入してあげてカレーと親子丼の作り方を伝授して以来

毎週、作ってくれている


 こんな小さな、貸し借りから、マーくんが緊急入院しなくてはいけなくなり

残りの4人を家に残していかなければいけない緊急時には近所皆が面倒を見てくれ

食事も当番制にして、数ヶ月に渡り家に持ってきてくれた事もあった


 普段は、会えば長話するけど、後は皆個々の生活が忙しいので特別な付き合いはない

でも、ここぞという時に、助け合い出来る範囲で協力し合って生活している


 今、住んでいる町、近所、子供に関わる人達の殆どの人が、助け合いの精神を持ち合わしている


 自分の出来る事は頑張るのは、すごく大事

他人任せだったり、他力本願ですべき事を疎かにする事は決してすべきではない


 でも、時に頑張りすぎてしまうことがある

そんな時に、周りに助けてくれる人達が大勢いる


 だから、今までもそして、今日も笑顔でいられるんだと思う。

生きていくという事は、楽ではない。

 
 辛い事も、悲しい事も、放棄して逃げ出してしまいたい事も沢山だ

でも、関われる人皆で、少しずつ相手を思いやって助け合っていけば

きっと、笑って過ごせる日が多くなる


 『頑張る事が大事、でも時には人に助けてと言えるようならないと』と

子供達に伝えています。

 助けて欲しいと思う人がいたら、出来る範囲で手を差し伸べる

でも、決して自分を犠牲にしてはダメよ

 まずは、自分あっての事だから。


 母だけど、自分を犠牲にして子育てをしたとは全く思わない

自分が欲しいと望んで産んだ大事な大事な家族だから

 これが天職と胸を張って言えるくらいに楽しもうと。。。。


 そう思えるのは、やっぱり沢山の人に支えられ助けてもらったから

主人も、ご近所さんも、友達も、日本に住む友達、親戚みーんなに助けられている


 一人きりだと思うと、辛くなる、孤独になる。

でも一人じゃない。

 
 どこに住んでいてもきっと助け合える。そう思います




 

 
 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。